うつ病の発症理由によって、治療方法は変わると思う

あくまでうちの母親の場合であって、全うつ病患者に当てはまるわけではないのと、金銭面を考慮しない状態で話を進めるため「理想ばかりを口にするな!」という意見が飛びかいそうな話になってしまうのだが。

うちの母親を見ていて、素人なりに「他の治療も受けた方がいいんじゃない?」と疑問に思っている話である。

──

うちの母親は一応うつ病患者として精神科に通院しているものの、薬物療法だけでうつ病が治ると思っているのかなんなのか、「必要な薬を処方してもらう→それを飲む」を繰り返しているわりに病気がよくならないのに薬を処方してもらう以外の治療を受けようとしないのだ。

娘である自分に言わせれば、自分が物心ついた時にはすでに発達障害を思わせる言動が母親にはあり、うつ病を発症する前からその言動はあったため、素人なりに「母親がうつ病になった原因のひとつに『発達障害を思わせる言動』があるかもしれない」と思っているのだが、母親は薬物療法だけでどうにかしたいらしい。

(うちの母親の場合『発達障害を思わせる言動』に関しては未診断のため、はっきりと発達障害です!とは言えない状態である。ただ、今なら発達障害を思わせる言動だと思えても、知識がなかった幼少期の頃は『母の言動=奇行』に見えていたのも事実である。)

別に薬物療法が悪いわけではなく、治療するうえで薬に頼ることも大事だと思うため、薬物治療そのものを否定したいわけではないのだ。

ただ、うちの母親の場合、薬物療法だけではどうにもならない(症状がよくなっていないのが『いい例』である)ため、薬物療法を重視するのではなく、薬を飲みつつカウンセリング等の「別角度から行う治療」を重視すべきでは?と思ってしまうのだ。
薬を飲んでいるからか、病状が悪くなるなんてことは一切ないのだが、だからといって症状が軽くなっていないのも事実であるため、薬物療法だけでは限度があるよな……別の方法も考えた方がいいんじゃね……?と素人ながらに思ってしまうのだ。

もちろん、カウンセラーが行うやつも別途料金がかかるため、薬物療法と同時進行でやっていたらお金がかかって仕方がない……という状態になるのも理解できるし、全員が全員カウンセリング等を受けなければいけない!なんていわないが。

うちの母親に限っては、手っ取り早く病気(症状)をよくするためには、多少お金がかかろうがカウンセラーさんの協力も必要で、なおかつ薬物療法より「カウンセラーさんに手助けしてもらう」に重きを置いた方がいいと思ってしまうのだ。