ハンドルネームの由来

自分がネットの世界で名乗っている「佐伯さえき眞依まい」という名前は、いわゆるハンドルネームというやつで、本名ではないのだが。

ほぼほぼ

  • 口の出した時の音
  • 活字にした時のバランス

を重視したため、名前に込めた意味はないのだが。

強いていうならば、眞という字が元々「本名に使われる予定だった漢字」であると親からよく聞いていたため、眞を使った名前にしたいと思い、よく考えて今の名前をつけたのだ。

──

ネットでしか名乗らない名前であるため、最初は下の名前だけで名乗っていくつもりでハンドルネーム(以下『HN』と略す)を考えていた。
いざ下の名前が決まった時、2文字の名前だからか「なんか寂しいなぁ」と思い、口に出した時の音活字にした時のバランスのよさを考えた結果、佐伯という苗字をつけたのだ。

元々「下の名前だけを名乗る予定」でいたのもあり、普段、名前を呼ぶ時は下の名前で呼んでほしいと思っているのだが、フルネームで名乗っている以上は苗字で呼びたい人もいるだろう。

別に苗字で呼ばれるのも悪くない(馴れ馴れしく呼ばれなければ『なんでもいい』と思っている)ため、苗字で呼ばれても大丈夫なのだが、HNを決める際に下の名前しか名乗るつもりがなかったのもあり、下の名前で呼んでくれた方が嬉しい所存である。