臨床心理士は、あくまで「民間資格」である

特に深い意味はなく、なんとなく「そういう人もいるのか」と思う程度の話なのだが。

心理カウンセラーの資格として有名なもので、かつ公認心理師が生まれるまで「それを習得すること」が主流だった、臨床心理士という資格があるのだが。

臨床心理士は大学院で勉強するか、心理系の仕事を2年以上するなりして「がっつり臨床心理に携わっている人」じゃないと受験資格すら得られないため、病院等の機関でカウンセラーとして働こうと思ったら、今までは臨床心理士の資格を取らないといけなかったのだが。
「ちゃんとした機関で働くカウンセラーの資格」というイメージがあるからか、臨床心理士を国家資格だと思ってるの?と勘ぐってしまう投稿を、ここ最近2回ほど見かけたことがあったのだ。

別にその投稿をした人を貶めたいとかは一切なく、単純に疑問に思っただけなのだが、カウンセラーの国家資格は2017年に施行された公認心理師しかなく(『公認心理師法』という法律が制定されたのは2015年)、それまでは臨床心理士しか「ちゃんとした機関」で働けるカウンセラーの資格がなかったのだ。

精神保健福祉士という、いわゆるソーシャルワーカーの国家資格もあるが、カウンセラーとしての国家資格は公認心理師しかないのだ。

ソーシャルワーカーとは
医療・介護・福祉・教育などのさまざまな業界で相談支援を行う専門職の総称です。日常生活を送るうえで、困りごとや問題を抱えている方に対して社会福祉の観点から援助や支援、調整を行います。
(中略)
ソーシャルワーカーの役割は、支援や援助が必要な方を相談を受け、必要に応じて介護施設や病院、学校などの関連機関への連絡・調整を行うことです。
引用:きらケアきらッコノート

「ちゃんとした機関で働くカウンセラーが臨床心理士を持っているから」が理由だと思うが、臨床心理士を国家資格だと思っている人がいるんだなぁ、と少し前に思ったのだ。