「気象病」とやらは厄介なものだ

雨が降ると(正確には『低気圧が上空にあると』)、どうしても体調が悪くなる。

体調が悪くなるといっても、主な症状は倦怠感と眠気、頭の回転率が低くなる程度であって、布団から出られなくなるほどの体調不良ではないのだが。
ただ、体調不良ゆえにどうしても集中力が鈍くなり、やりたいことやらなくてはいけないことが上手くできなくなるのだ。

やらなくてはいけないもの、といっても「ただの家事」程度のものではあるのだが、普段の生活の上でやらなくてはいけないものと位置づけられているものですら、集中してできなくなってしまうのだ。

薬なりなんなり、根本的解決ができるものがあればいいのだが、(自分が調べる限りでは)今のところ症状をごまかす程度のことしかできないのが残念である。