イギリス英語を専門とする書籍が、増えてほしい

f:id:saekimai6405:20220121011316j:plain

小学生の時にシャーロックホームズとハリポタシリーズ(ハリポタに関しては『映画』の方だが)をきっかけにイギリスという国に興味を持ち、あげくのはてに英語を話せるようになりたいと思ったため、イギリス英語を独学で勉強しているのだが。

イギリス英語をまとめている書籍が少ないことがが厄介だとなぁ、と普段から思っているのだ。

別に、SNS等のネットで調べれば色々と出てくるのだが、スマホを含む電子機器の画面をがっつり見ることが苦手で、勉強するには紙媒体の書籍を読みながら勉強した方が集中できるため、できるだけ書籍がほしいのだ。
でも、イギリス英語を専門とする書籍が少なく、アメリカ英語を扱う書籍(学生用の参考書ですら『学校で扱う英語が米語だから』という理由で米語を扱っている)の方が多く出回っているため、探すのが大変なのだ。

個人的には「日常会話ができたらそれでいい」と思っているため、無理にイギリス英語へ固執しなくてもいいと思うのだが、やはり国が違えば表現方法も変わる。

「英語には変わらないから」と言って、イギリスではあまり表現しない言い回しで、英語を話したくないのだ。

今から大量生産しろ、とまでは言わないが、ゆっくりでいいからイギリス英語を専門とする書籍が増えたらいいなぁ……と思っている。