宗教の多様性

f:id:saekimai6405:20211212161840j:plain

日本では、相手が信仰する宗教のことを深く考えずに "Merry Christmas" と挨拶することが多いだろう。
そもそも仏教や神道が根づいている日本で、キリスト教の行事が根づいている時点で宗教のことを深く考えている人は多くないだろう。

実は "Merry Chnistmas" という文言は、主にキリスト教徒同士の挨拶として使う文言らしいのだ。

キリスト教徒しか使ってはいけない!というわけではないと思うが、他宗教を信仰している方に配慮をし、英語圏(主に米国)では "Happy Holidays" という文言を使う機会が、近年増えているらしい。

hapaeikaiwa.com

自分はキリスト教徒ではない(だからといって特別『どこかの宗教』を信仰しているわけでもない)が、別に "Merry Chritstmas" と言われたからといってなにも思わないため、個人的にはどの文言を言われても平気なのだが。

自分が挨拶する側だったら、相手が信仰する宗教に気を使いたいと思った。