フェミニズム(フェミニスト)とは、一体なんなのか?

f:id:saekimai6405:20211118221345j:plain

俗にいう「ツイフェミ」という方々を見ていて、思うことがある。

あの方々は、なにをしたいのだろうか?

フェミニズムが悪いんじゃない

決して「声をあげるな」と言いたいわけでもなければ、「『フェミニスト』を名乗るな」と言いたいわけでもない。

自分は同性(知り合いの年配女性)から、悪い意味で女性らしさを押しつけられたことがよくあったため、フェミニズムの理念や概念はよく理解できるし、「フェミニスト」と名乗って声をあげている人のやっていることはよく分かる。

ただ、ツイフェミと呼ばれる方々を見ていると、フェミニストであることを理由に「他人へ(一方的に)喧嘩をふっかけている」ように見えるのだ。
あくまで個人的見解ではあるものの、ツイフェミと呼ばれる方々が、たびたび「悪い意味で話題になる理由」はそういうところだと思うのだ。

声をあげることそのものが悪いわけではなく、声のあげ方が悪いから悪い意味で話題になり、あげくのはてに侮蔑的な意味を含んだ「ツイフェミ」という肩書きで呼ばれるようになったのだ。

本来のフェミニズムおよびフェミニストとは、一方的に喧嘩を売ることではないだろう。

そもそも「フェミニズム」とは

そもそもフェミニズムとはなんだ?という話だが。

女性解放思想、およびこの思想に基づく社会運動の総称であり、政治制度、文化慣習、社会動向などのもとに生じる性別による格差を明るみにし、性差別に影響されず万人が平等な権利を行使できる社会の実現を目的とする思想または運動である。
引用:Wikipedia

「女性解放思想」という言葉があるが、女性を優遇しろ、という意味ではなく「女性らしく/女性だから」という性別だけを理由にした差別を辞めようぜ、という意味である。

個人的にも、生物的な意味の男女差(体格差など)はあるけれど……と思いつつ、生物的な意味での男女差ががあるからといって「それだけを理由に『女性』を差別をしてもいい」とは思っていないため、自分にもフェミニズム的思考は備わっているのだが。

だからといって「男らしく/男だから」を押しつけようとは思っておらず、むしろ「『男性だから』という理由だけで差別するのもおかしいだろう」と思っているのだ。
個人的な思想として、個人が勝手に「男らしさ/女らしさ」を(自分自身に対して)求める分にはいいと思っているのだが、他人に対して(相手の思想を無視して)性別だけを理由に差別するのは違うと思うのだ。

そういう意味では、自分は純粋なフェミニストではなくマスキュリズム的思考も持った男女平等主義者と感じているが、「フェミニズム」という考え自体は理解ができるため、やたらにフェミニズムおよびフェミニストを非難しようとは思っていない。

【マスキュリズムとは】
男性に対する性差別(男性差別)の撤廃を目指す思想や運動である。
かつての欧米では男尊女卑という意味で使われていた言葉だが、この思想の主唱者であるワレン・ファレルがフェミニズムの対置概念として提唱してからは現在の意味で使われるようになった。
引用:Wikipedia

ただ、たびたび話題にあがる「ツイフェミ」と呼ばれる方々がやっていることは、少し筋違いではなかろうか。

フェミニズム」を装った暴力

何度も言うが、「声をあげるな」と言いたいわけでもなければ、「『フェミニスト』を名乗るな」と言いたいわけでもない。
「声のあげ方が悪い」と思い発言しているだけで、フェミニズムという思想そのものが悪いわけでもなんでもないと思っている。

ツイフェミと呼ばれる方々を見ていると「フェミニストであること」を理由に(相手へ)一方的に喧嘩を売っているように見えるため、お前さんの言いたいことは分かるが一旦落ち着きなはれ……と思ってしまうのだ。

元々は純粋にフェミニズムを訴えていた方々だと思うのだ。

自分が知っている某有名フェミニスト(『ツイフェミ』と呼ばれている)方も、初めて名前を目にした時は今ほど過激な発言はしておらず、まともなフェミニストに見えていたから、他の方々もたぶんそうなのだろう。
だが、どこで道を踏み外してしまったのか、今ではフェミニストであることを理由に「他人へ(一方的に)喧嘩を売っている」ような感じになっているため、それは筋違いでしょう、と思ってしまうのだ。

フェミニズムおよびフェミニストとは、喧嘩をするための道具ではない。

フェミニズムおよびフェミニストとは一体なんなのか、よく考える必要がある。