学生向け参考書の必要性

f:id:saekimai6405:20210826004747j:plain

学生向けの参考書を見るたびに、不思議に思うことがある。

すでに成人になっていて、「学生時代の勉強をやり直したい。」という思いで購入するならまだしも、現役学生が参考書を買う意味が分からなくて、気づいたら自問自答している時がある。

定期テストがあるのも分かっているし、受験勉強の関係で自宅学習を増やしたいとか、そういう思いもあるだろうし。
全日制高校は理数系と文系に分かれたり、選択授業が組み込まれている関係で習わない授業があるのも分かるから、やたらむやみに「なんで参考書を買うの?」なんて聞かないが。

自分が学校で受けている教科に関しては、参考書を買う必要なんてないよね?と思ってしまう。

教科書と書いてあることが、一緒だから。

中学生向けの参考書も、教科書があればよくない?現役中学生が買う意味とは?と思ってしまい、謎が深まってしまう。

教科書の内容が理解できなかったとしても、教科書の内容が理解できない時点で参考書を読んでも理解ができないと思っているし(そもそも教科書と参考書の内容は一緒だし)。
一瞬「答えが書いてあるから?」と思ったのだが、教科書に答えが書いてあるのになにを言っているんだ?という話になるし。

(母親の高校生時代の話で、『参考書を読むようになったから勉強をしなくなった。』という内容の話を何回か聞かされたことがあり、それが『参考書=答えが書いてあるから?』という思考にいたったのだが。)


教科書と参考書は同じ内容なのに、現役学生が参考書を買う理由が分からなくて、頭を抱えるまで考え込んでしまう。

もう1度、学び直したい大人が買うならまだしも、なぜ現役学生が参考書を買うのだろう?